北陸銀行ロゴ新卒採用情報

Support

人“財”育成


北陸銀行では、働く行員一人ひとりを北陸銀行の財産と捉えています。お客さまの、地域の幸せな未来をプロデュースするには、人財の育成が最も重要であり、その積み重ねが未来の北陸銀行を築き上げていくという強い信念をもって積極的にキャリア支援・育成に取り組んでいます。

  • 1年目~2年目

    研修風景
  • 3年目以降

    研修風景
  • その他研修制度・自己啓発

    海外研修

 

1~2年目

入行後は新入行員研修を受講し、営業店に配属されます。営業店ではCS課、融資課、得意先課などを経験するジョブローテーション制度を採用しています。
入行後の2年間は、新入行員がスムーズに職場に溶け込み、業務習得に日々集中できるよう事務知識・ビジネスマナーなど銀行員としての“基礎固め”をしっかり行う期間とし、日々の業務習得の再確認、同期との強い絆の構築、将来のキャリアプランの策定を目的に年に数回スクーリングも実施しています。
新入行員研修、スクーリングではロールプレイングやワークを通して実践力の基礎固めを行い、企業分析の基礎知識の習得を目指します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止、行員の安全面の配慮の観点から、地区別やリモート研修を実施しています。

メンター制度
メンター制度図

メンター制度とは、新入行員一人に対し、年間を通じて担当となった先輩行員がキャリア形成や私生活面でのサポートを行うもの。また、業務習得については、メンターとは別に、事務指導担当者がサポートします。この制度が、人財を育てる企業風土の土壌となっています。

受講生
【スクーリング受講者の声】

スクーリングを通して、融資の基本業務の復習はもちろん、新たな知識を身に着けることができてよかったです。4月ぶりに同期とも交流ができ、これからの仕事、自己啓発の意欲に繋がりましたし、今後のキャリアに関して目標と方向性を定めることができました。

 

3年目~

一人前のバンカーとして経験と専門的な知識をさらに深める時期です。
自分自身のキャリアに応じてOJTを組み合わせながら職種別の育成プログラムを決めていきます。
十分な知識と実践力を身につけられるよう、キャリア・ディベロップメント・プログラム(CDP)を策定し、部門長や課長含め「組織全体」で人財育成を支援しています。
また、職位ごとに階層別研修を実施するほか、募集型の様々な行内研修を企画・開催し、現在の能力向上と将来のキャリアプラン実現のサポートを行っています。

行内トレイニー

業務の中でより高度な知識、専門知識、業務フローを身につける行内本部研修です。事業承継、M&A、ファイナンス等の演習やグループワークを通じ、コンサルティング営業の実践力を高める「コンサルティング営業トレイニー」、国際業務における営業店のリーダー育成(グローカルデスク担当者の育成)を目的とした「国際部トレイニー」、実践的な融資案件審査を通じた融資役席者の養成を目的とする「融資部トレイニー」などがあります。

受講生
【中堅行員研修受講者の声】

※中堅行員研修は、キャリアステージに応じた階層別研修の一つで主任に昇格した行員が対象です。上司から求められる役割や部下行員への指導・フォローの手法を認識するとともに、自身のキャリアアップに対するモチベーション向上を目的としています。

日ごろの自分を振り返る、いいきっかけになりました。中堅行員として部下をフォローし、みんなを巻き込んでいけるようなリーダーを目指して、気分新たに業務に取り組みたいと思います。

 

その他研修制度・自己啓発

時代の流れや多様化するお客さまの要望に応えるための研修はもちろん、行員の希望に沿った様々なキャリア開発のコースや制度を整えています。
当行では職位に応じた階層別研修の実施だけでなく、本人の意欲や能力、ライフプランに応じた研修制度、機会の提供も行っています。

□制度の一例

海外研修

地域経済のグローバル化が進展するなか、業務や自己研鑽に意欲的に取り組む若手行員には海外研修の機会を数多く提供しています。 長期海外トレイニー(半年~2年間)は、海外MBA留学(スタンフォード大学ほか)、海外駐在員事務所、提携海外銀行など。短期海外視察研修(約1週間)では、お取引先の海外ビジネスを現地で直接見て知る目的で積極的に行員を派遣しています。

チャレンジ・ジョブ制度

チャレンジ・ジョブ制度とは、行員各自の能力・知識を得意分野で発揮する機会を提供し、自発的・意欲的なキャリア形成をサポートする制度です。
具体的には、経営企画(経営戦略やSDGs推進企画立案など)、推進企画(営業戦略企画など)、デジタル戦略(Fintech、アプリ等の企画推進など)、地域創生(産学連携やまちづくりなどの取組の企画推進)、コンサルティングなどの分野から、取り組んでみたい業務を行員自ら応募します。
この制度を利用し、自身のキャリアを形成しながら働く行員が増えています。

受講生
【チャレンジ・ジョブ利用者の声】

入行当初から地元企業の海外進出支援に興味のあった私は、当制度に応募して国際部へと配属になりました。今はまだ外国為替の基礎を勉強中ですが、若手のうちから自分の希望する分野の経験を積めることは大きなモチベーションになっています。

その他外部研修

行外研修では、高度な専門知識と実務能力の養成や、経営感覚の醸成、人脈の形成などを目的として積極的に派遣を行っています。 コンサルティング、ファイナンス、M&A、証券などさまざま分野に渡り、金融のプロとして、多くの課題を解決するスキルの習得を目指します。

自己啓発サポート

行員一人一人の成長を促進する一環として積極的に資格取得を推進しています。具体的には、難関資格の取得に対して報奨金制度を設けているほか、余暇セミナーを開催しFPや宅建士の資格取得を支援しています。