北陸銀行ロゴ新卒採用情報

Produce

企業のPRODUCE


お客さまが抱える経営課題や資金運用ニーズに、北陸銀行の総合力を発揮してお応えします。総合力とは、国内12都道府県、海外6拠点のネットワークと情報量、そして行員一人ひとりの個の力です。
「高度なノウハウに基づく経営支援」や「ニーズに応じた幅広い商品の提供」といった価値ある金融サービスで、地元経済の成長に向けて大きな役割を果たしていきます。

ビジネスマッチング

お取引先の販路拡大支援業務。
事業拡大のための戦略的提携や、人材確保のための合理化といった経営強化策や、販売ニーズと調達ニーズをマッチングすることで既存事業強化策として活用していただいています。お取引先を繋ぐことで、販路拡大や売り上げ強化に貢献しています。

ビジネスパートナー
経営強化
  • 【事業拡大】

    戦略的提携
    FC参画

  • 【合理化】

    アウトソーシング
    人材確保/育成

既存事業強化
  • 【販売ニーズ】

    販路を拡大したい
    ソリューションを提案したい

  • 【調達ニーズ】

    ユニークな商品を調達したい
    □□を製造できる企業を紹介してほしい

広域BM会議

お客さまの販路拡大につなげるため広域ビジネスマッチング(BM)会議を開催しています。
会議にはプレゼン企業と当行の支店長が出席し、支店長は自店のお取引先との仲介を想定しながらプレゼンを開き、お客さまへの情報提供やお引き合わせを行っています。当行のお取引先を紹介することで、企業同士がWin-Winとなるイノベーションを実現しています。
現在ではリモート会議や地区別開催にて実施しています。

ほくぎんBMシステム

「ビジネスマッチング業務」をより強化するため、リンカーズ株式会社と共同で「ほくぎんビジネスマッチングシステム」を開発、運行しました。本システムはクラウドを活用するもので、国内金融機関では初の仕組みとなります。システムを活用するお客さまは自社の商材やサービスの特徴をシステム上でPRすることで、北陸銀行行員との情報共有が可能となります。

M&A

後継者問題で事業承継に悩む経営者さまや、成長戦略でお悩みの経営者さまへ、M&Aを活用した企業の存続と成長の実現を支援しています。
北陸銀行では、広域ネットワークを活用した幅広いマッチングが可能であり、多数の支援実績から培ったノウハウを提供し、高品質かつ安心感のあるサービスを提供しています。
2000年から業務を本格稼働し、経験やノウハウを兼ね備えています。外部からの評価もいただいており、日本M&Aセンターの「バンクオブザイヤー」(最も多くの実績を上げた提携金融機関1行に授与される賞)を過去5度受賞しています。(地銀最多受賞)

地域のPRODUCE


地方銀行の役割を語るとき、地域への貢献は外すことができません。企業を元気にし、地域の方の生活を支援すると同時に、文化や発展にも貢献しています。北陸をもっと元気にすることも大切な使命だと考えています。

TGC 富山 2019 開催に協力

2018年に引き続き、富山で2回目の開催となった東京ガールズコレクションプロデュース『プレステージ・インターナショナル presents TGC TOYAMA 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION』に協力企業として参加しました。
「富山をもっと元気に!」という想いのもとに今回も誘致を働きかけ、SDGsに通じる地域経済の活性化や、女性が輝く社会の推進に向けて、積極的に協力しました。2018年7月に初開催となったTGC 富山 2018では、のべ約6,850人が来場し、"グルメフェス"、"ミュージック花火"と合わせると、のべ約46,850人とTGC史上最大の動員数を記録、経済効果は12億3,697万円に上りました。

観光まちづくり・エリアマネジメント

地域資源を活用した観光まちづくりを目的として、西日本旅客鉄道㈱および(株)NOTEとの3社で「歴史的資源を活用した地域活性化に向けた業務提携に関する覚書」を締結しました。 この覚書に基づいて古民家再生を地方創生の一環として位置づけ。古民家の活用をテーマとしたセミナーやワークショップを開催し、「観光振興」「空き家対策」「事業・雇用創出」など、地域課題解決に取り組んでいきます。

未来のPRODUCE


より身近に、そしてより便利に。暮らしに密接にかかわるお金を扱う銀行だからこそ、金融とテクノロジーを融合させ、お客さまや地域に貢献をしていきたい。これからの北陸銀行のテーマです。

FinTech (フィンテック)

北陸銀行では、DXを通じてお客さまの利便性の向上と当行の生産性の向上に努めています。
ホームページやアプリ等において来店せずにお客さまの課題解決や各種お手続きが完結できる機能(ロケーションフリー)強化や、プライムエリアである北陸・北海道を中心としたキャッシュレスの促進による非対面接触取引の拡大と金融インフラの整備に尽力していきます。今後は、店頭においても印鑑や書面での手続きを不要とし双方にとって事務負担を軽減するプロセスの構築(セルフバンキング)などを通じて金融サービスの拡充を図ってまいります。

かんたん通帳アプリ

全国の金融機関で初めて、通帳機能・資産管理機能・家計簿機能が一つになったアプリケーションを導入しました。北陸銀行の口座残高・移動明細はもちろん、他の金融機関、クレジットカード、証券会社、ポイントカードのポイントなどでお客さまが保有する資産を、ひとまとめにして確認することができます。収支の項目を自動で分類して家計簿も作成できる、便利なスマートフォン向けアプリケーションです。

口座開設&お手続きアプリ

一つのアプリで口座開設や各種お手続きの申し込みが可能です。口座開設時に非対面で本人確認が完結する手続きは、全国の金融機関では例のない、先進的な取り組みです。

キャッシュレス

2019年11月「ほくほくpay」の取り扱いを開始しました。個人のお客さまが加盟店で代金を支払う際、QRコードを読み取ることで、銀行口座から代金が即座に引き落とされ支払いが完了するサービスです。加盟店では、タブレット端末に金額を入力するだけで、お客さまとの決済が完了します。売上代金は各行が1日分の売り上げをまとめて最短で営業日に入金するため、早期に資金回収できることも特徴です。