PRODUCE プロデュース

01 法人コンサルティング

お客さまが抱える経営課題や資金運用ニーズに、北陸銀行の総合力を発揮してお応えします。総合力とは、国内12都道府県、海外6拠点のネットワークと情報量、そして行員一人ひとりの個の力です。
「高度なノウハウに基づく経営支援」や「ニーズに応じた幅広い商品の提供」といった価値ある金融サービスで、地元経済の成長に向けて大きな役割を果たしていきます。
業務の一例を紹介いたします。

ビジネスマッチング

お客さまの経営課題の解決や、事業戦略の実現に必要なビジネスパートナーを、北陸銀行とほくほくFGのネットワークを活用し、紹介・提案します。また、ビジネスマッチングシステム(BMS)を活用し、お客さまのビジネスマッチングニーズを有機的にマッチングします。

広域BM会議

お客さまの販路拡大につなげるため広域ビジネスマッチング(BM)会議を開催しています。会議にはプレゼン企業と当行の支店長が出席し、支店長は自店のお取引先との仲介を想定しながらプレゼンを開き、お客さまへの情報提供を行っています。過去6回の開催を通じた商談会は250件以上、成約件数(見込含む)は110件を超え、地域企業への理解と成長に貢献しています。

広域BM会議

ほくぎんBMシステム

「ビジネスマッチング業務」をより強化するため、リンカーズ株式会社と共同で「ほくぎんビジネスマッチングシステム」を開発、運行しました。本システムはクラウドを活用するもので、国内金融機関では初の仕組みとなります。システムを活用するお客さまは自社の商材やサービスの特徴をシステム上でPRすることで、北陸銀行行員との情報共有が可能となります。

ほくぎんBMシステム

お客さまの声

広域ビジネスマッチング会議に参加し、北陸エリア企業とのビジネスマッチングを通して、新たな需要の開拓が実現

当社が開発した古紙を原料とする新素材を活用し、北陸エリア企業とのビジネス展開を模索する中、北陸銀行から広域ビジネスマッチング交流会について提案を受け、参加しました。
同交流会により、マッチング候補先企業を紹介いただき商談を進めた結果、北陸エリア企業と共同出資会社を設立、新素材による食品トレーのシート供給工場を新設しました。
地域経済活性化に資する環境ビジネスの新たなパートナーを得ることで、単なる販路拡大に留まらず、新たな需要の開拓が実現しました。

M&A

後継者問題で事業承継に悩む経営者さまや、成長戦略でお悩みの経営者さまへ、M&Aを活用した企業の存続と成長の実現を支援しています。北陸銀行では、広域ネットワークを活用した幅広いマッチングが可能であり、多数の支援実績から培ったノウハウを提供し、高品質かつ安心感のあるサービスを提供しています。
日本M&Aセンターの「バンクオブザイヤー」(最も多くの実績を上げた提携金融機関1行に授与される賞)を通算4回(2012年、2015年、2016年、2018年)受賞しています。

ほくぎんBMシステム

お客さまの声

譲渡企業A社さま:
高い施工力を持つ優良な地場工事業者

事業承継について、『経営』を継続する責務の観点から親族や従業員への承継が難しい中で、第三者承継を決断しました。北陸銀行の紹介で良縁に恵まれ、事業承継解決に至ったことはもちろん、組織力の強化、採用力の強化により、会社のさらなる成長が期待できるものと感じています。

譲受企業B社さま:商業施設の企画~施工メンテまでを
総合的に行う都市圏の上場企業

当社として一部設備工事のノウハウ不足という課題を抱えていた中で、北陸銀行様よりA社さまの紹介を受けました。A社さまは当該工事実績も豊富かつベテランの人材がいること、また、日本海側への事業展開も可能となることから、資本提携を実行するに至りました。今後、シナジー発揮に向けての施策を遂行し、両社が更なる成長を遂げることを楽しみに感じています。

02 地域をプロデュース

2018年に引き続き、富山で2回目の開催となった東京ガールズコレクションプロデュース『プレステージ・インターナショナル presents TGC TOYAMA 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION』に協力企業として参加しました。
「富山をもっと元気に!」という想いのもとに今回も誘致を働きかけ、SDGsに通じる地域経済の活性化や、女性が輝く社会の推進に向けて、積極的に協力しました。2018年7月に初開催となったTGC 富山 2018では、のべ約6,850人が来場し、"グルメフェス"、"ミュージック花火"と合わせると、のべ約46,850人とTGC史上最大の動員数を記録、経済効果は12億3,697万円に上りました。

TGC TOYAMA 2019


観光まちづくり・エリアマネジメント

地域資源を活用した観光まちづくりを目的として、西日本旅客鉄道㈱および(株)NOTEとの3社で「歴史的資源を活用した地域活性化に向けた業務提携に関する覚書」を締結しました。
この覚書に基づいて古民家再生を地方創生の一環として位置づけ。古民家の活用をテーマとしたセミナーやワークショップを開催し、「観光振興」「空き家対策」「事業・雇用創出」など、地域課題解決に取り組んでいきます。

観光まちづくり・エリアマネジメント

03 Fin Tech

金融サービスと情報技術を結びつけ、お客さまサービスと当行の業務両面においてデジタルバンキング機能を強化するとともに、地域のキャッシュレス化のインフラ整備を進めてまいります。

デジタルサービス

ポータルアプリ、かんたん通帳アプリ

口座開設&お手続きアプリ

『かんたん通帳アプリ』
全国の金融機関で初めて、通帳機能・資産管理機能・家計簿機能が一つになったアプリケーションを導入しました。北陸銀行の口座残高・移動明細はもちろん、他の金融機関、クレジットカード、証券会社、ポイントカードのポイントなどでお客様が保有する資産を、ひとまとめにして確認することができます。収支の項目を自動で分類して家計簿も作成できる、便利なスマートフォン向けアプリケーションです。

『口座開設&お手続きアプリ』
一つのアプリで口座開設や各種お手続きの申し込みが可能です。口座開設時に非対面で本人確認が完結する手続きは、全国の金融機関では例のない、先進的な取り組みです。

キャッシュレス

  • Jcoin
  • ほくほくPay
  • StarPay

2019年11月「ほくほくpay」の取り扱いを開始しました。個人のお客さまが加盟店で代金を支払う際、QRコードを読み取ることで、銀行口座から代金が即座に引き落とされ支払いが完了するサービスです。加盟店では、タブレット端末に金額を入力するだけで、お客さまとの決済が完了します。売上代金は各行が1日分の売り上げをまとめて最短で営業日に入金するため、早期に資金回収できることも特徴です。

ページトップ