頭取あいさつ - TOP MESSAGE

取締役頭取 庵 栄伸 EISHIN IHORI

明治10年に設立された金沢第十二国立銀行を起点とし、加賀藩祖「前田利家」ゆかりの銀行として創業しました。明治17年に本店を現在の富山市に構え、明治32年には北海道に初めて進出した伝統ある地方銀行です。また、国内に例を見ない広域地方銀行として、12都道府県にまたがる店舗網を有し、各地から発信される最新の情報を北陸・北海道に伝えるという使命を持って今日まで成長してきました。

当行では、経営理念として「地域共栄」「公正堅実」「進取創造」の3つを掲げています。
これは、お客さまとともに喜びを分かち合い、公正・堅実な日常生活に努め、変化や困難にたくましく向き合っていくということです。「地域とともに成長し、発展する」ことを目指し、お客さまから親しまれ、頼りにされる銀行を築きあげていきたいと考えています。
銀行の業務は、資産運用の提案や、事業や生活に必要な資金を融資することが中心となりますが、それだけではありません。お客さまにはそれぞれの夢や希望、課題や悩みがあり、その実現や解決に向けて、銀行がもつネットワークを最大限に活かし、お客さまのニーズに合う情報やノウハウを提供していくことが、私たちの大きな役目であります。金融機関の魅力とは、人と人との接点にあります。お客さまと目線を合わせ、一緒に汗をかき、知恵を絞るからこそ、お客さまの幸福が自分自身の喜びとなり、働きがいや仕事への誇りが生まれるものです。
当行では魅力あふれる人財を多く育て、地域のために力を尽くせる組織を作っていくことが最も重要であると考えており、研修制度をさらに充実させ、行員一人一人の成長をサポートしています。

北陸銀行で働く魅力。

最後になりますが、様々な環境で仕事ができることは当行の魅力です。
自然豊かな北海道や東京・大阪・名古屋などエキサイティングな大都市、海外の拠点で働くこともあれば、北陸のお客さまの優しさに触れることもできる。多くのフィールドで働くチャンスや出会い、経験は他ではなかなか得られません。名前は「北陸銀行」ですが、けっして北陸だけの銀行ではありません。地元の人・企業を地元で支え、都市部、海外でも支えられる唯一の地方銀行です。
多様な変化や刺激はきっと皆さんの大きな力となるでしょう。そして、明るく元気に活躍する皆さんの存在が、当行の新しいエネルギーの源となり、そして私たちが深くかかわる地域社会を元気にしていくのです。日本全国を、そして世界を相手にするのだという大きな志を抱き、新鮮な発想力を持った皆さんにお会いできる日を楽しみにしております。

FROM TOYAMA

ページトップ